Entry: main  << >>
和田峠アタック
最近、すっかり坂道や峠ばかり行っていますが、昨日は、八王子の西のはずれ、神奈川県との境界にある陣馬街道の和田峠まで行ってきました。
事前に少し調べてみると、ここにあるように、勾配12〜13%、多摩地区有数の激坂とあります。この坂のふもとにたどり着くまでに、自宅から50km以上もある上、こんな坂にノーマルクランクで上れるのか、一抹の不安を抱えながら、朝5時自宅を出発です。

日の出直後です。


今日は気分を変えて、いつもの二子橋からではなく、砧公園近くから世田谷通りに入り、狛江で多摩サイに出ました。
ちょっと霞んでいますが、富士山も見えます。


新四谷橋を渡って、浅川CRに入り八王子方面を目指します。

新四谷橋上から。


浅川が北浅川と南浅川に分岐するポイントを過ぎてすぐ、水無瀬橋があります。ここから、いよいよ陣馬街道に入ります。途中までは市街地を抜ける普通の道路です。若干上っていますが、まだアウターで上れる程度です。工事中の圏央道をくぐるあたりまで来ると、だいぶ鄙びてきます。しばらく走っていると、こんなトラックが。動物輸送中と書いてあります。


このトラックは、ちょっと進んだところでとまっていました。動物園のような感じの施設でしたが、通りすがりに一瞬見えただけなので、よくわかりません。

いい感じの山道になってきました。


なんて思っていたら・・・
陣馬高原方面への左折分岐を過ぎてしばらくしたあたりから、結構勾配がきつくなってきました。50km走ってきた疲れがここへきて効いてきます。ギアはすでに39×25。勾配はぐんぐんきつくなり、目の前の道が壁のようになって来ました。シッティングではもう無理です。が、ダンシングでそんなに長くこぎ続けられるわけも無く・・・
あ〜だめだぁ〜。
あえなく、足をついてしまいました。。。
無念ですが、これが実力なので仕方ありません。そこからは、少し歩いたり、気を取り直して再びペダルをこいだりしながら、何とか峠に到達しました。





下りは下りで、めちゃめちゃ怖かったです。ブレーキを握る手が痺れました。

今回のこともあり、峠にはまりつつあることを考えても、無理せずコンパクトクランクにしたほうが良いように思えてきました。

バナー人気blogランキングに参加中です
| weatherman | 11:40 | comments(4) | trackbacks(0) |
Comment
和田峠はハンパでは上れません。
多摩地区屈指どころか首都圏屈指でしょう。私は今日神奈川県藤野側より上りましたが、結構こちらもキツイですよ。次回は先ず藤野からどうぞ。
Posted by: |at: 2007/05/13 9:23 PM
おっしゃる通り、初心者が上るような峠ではありませんでした。追い抜いていく自動車でさえきつそうでしたから・・・。藤野側の方が若干勾配がゆるいんですかね?今度はそちら側からチャレンジしてみたいと思います。
Posted by: weatherman |at: 2007/05/13 9:56 PM
一枚目の日の出直後の写真が格好いいです。
Posted by: TRIK |at: 2007/05/13 10:29 PM
TRIKさん、ありがとうございます。
この写真を撮っている頃は、まだまだいい調子だったのですが・・・。
Posted by: weatherman |at: 2007/05/14 9:23 PM








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Link

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode free counters