Entry: main  << >>
蓼科山トレッキング

均整の取れた山容で、シンボリックな存在。

いつか登ってみたいという、数十年来の思いを果たしました。

7合目の駐車場からスタートします。

 

駐車場に8時過ぎくらいに到着。

東京からは、朝早く起きて行くという範囲ではこれくらいが限度ですね・・・

ですが、すでに満杯状態。

なんとか駐車して、駐車場から100mほどの登山口。

Dsc00195.jpg

 

緩やかに登っていきます。

Dsc00198.jpg

 

北八ヶ岳らしい苔むす登山道周辺。

Dsc00204.jpg

 

しばらく進むと、斜度が上がり、こんな荒れた感じの登山道。

バーチカル&直登ルート。

足元も悪く、疲れます。

Dsc00200.jpg

 

だいぶ上って、ようやく・・・

Image10.jpg

 

 

蓼科山荘。

たくさんの人がいます。

Image11.jpg

 

ここからは、アスレチックな岩登り。

ここまでの急斜面に対応するためトレッキングポールを伸ばしていましたが、

両手両足で岩を上るため、リュックに収納。

Dsc00261.jpgImage12.jpgImage13.jpg

Dsc00259.jpgImage14.jpg

 

高度感あるところは苦手なのですが・・・

小さな子供やお爺さん、お婆さんも普通に登ってますので、冷静なふりで。

あまり下を見ないようにしながら、岩にへばりつきながら登って、ようやく・・・

 

Image15.jpgImage16.jpg

 

山頂ヒュッテは、広大な頂上エリアの端にあります。

本当の頂上まで100mほど。

ゴロゴロ転がる大きな岩の上をぴょんぴょん歩いて・・・

Image17.jpg

 

あまり、いままで見たことのない風景。

1m程度の岩がゴロゴロ敷き詰められた広大な頂上エリアです。

遠目で見ると平ですが、小さなものを落としたら、二度と拾えない・・・

Image18.jpg

 

山頂エリア中央のちょっと窪みにある鳥居。

Image19.jpgImage21.jpg

 

しばらく、非日常世界を楽しんだ後、来た道を引き返しました。

距離が短い分、初心者向けコースに数えられますが、十分に苦楽しめ、

季節ごとに訪れたい、非日常を味わえる山です。

 

| weatherman | 22:20 | comments(0) | - |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Link

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode free counters