Entry: main  << >>
トライアスロンへの道(クリニックに参加する編 その2)

お台場のスイムクリニックで、初めて足のつかない海を泳ぎ、

短いながらもアクアスロンを体験しましたが、まっすぐ泳げないというのは

致命的にやばいです。

予定にはありませんでしたが、不安に駆られて、もう一回クリニックに

参加することにしました。

申し込んだのはこれです。

http://www.bellmare.or.jp/triathlon/ocean/

お台場で一緒のチームになった方も、これに参加したと言ってましたので、

その筋の方々には、有名なクリニックなのでしょう。

ネットで簡単に申し込めるのも良いです。

 

現地で手続きをしてクリニックスタート。

今回、レスチューブという緊急用の浮き輪(棒?)を借りました。

本来は、紐を引っ張るとCo2のボンベから、浮き輪(棒?)に

気体が注入されて浮く仕組みなのですが、今回は息で膨らせた状態で

腰に紐を結びます。

後で考えると、足がつくエリアでのクリニックだったので、ただ邪魔なだけでした・・・

 

さて、おりしも台風が小笠原辺りにあり、遠くうねりが相模湾まで伝わってきています。

クリニックの開催場所は、消波ブロックの内側にあるのですが、それでも2mくらいの

波がざぶんざぶんと押し寄せています。

しかも、東から西に向かって相当な水流があります。

 

「こんな高い波と強い水流を経験できるなんて、皆さん今日はラッキーです」

確かにそれはそうだが・・・

 

50m間隔においたブイの間を水流方法や反対方向に泳ぐ練習をします。

波にもまれながら泳ぐのは、もちろん初めての経験です。

波が来るタイミングが全く分からないので、なすがままに波に揺られて

体が上下します。息継ぎもしにくいし、何しろ上下に激しく揺られるので、

乗り物酔いのように目がクルクル回ってきました。

しかも水流と反対方向では、泳いでも泳いでも前に進みません。

 

何が何だか分からないうちに1時間半ほどのクリニックが終了。

 

波と水流があるところで泳ぐという経験を得たことはよかったのですが、

全く自分のものにできてません・・・

ただただ波にもてあそばれていただけ・・・

 

泣いても笑っても、トライアスロン本番に向けてはこれが最後の

練習なので、もう覚悟を決めるしかありません・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

| weatherman | 14:08 | comments(0) | - |
Comment








Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Link

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode free counters