Entry: main  << >>
丹沢山ちょっとだけトレラン
筋肉痛を癒す一日を確保して、連休中日に行ってきました。
いつものように、大倉バス停より大倉尾根をえっちら登っていきます。
水泳は毎週行っていますが、ジョグもせず脚を使ってないので、
かなり衰えてます。
上りは早歩き程度の速さで。

連休なので人も多いですね。
先日平日に来たときは、ほとんど人に会わずさびしかったのですが、
大違いです。

富士がはじめて見えるところ。
紅葉が始まっていて綺麗です。


周りは、厚手のウィンドブレーカーやダウンの重装備の人が目立ちますが、
自分はアームウォーマーも取り外して半そで。
季節感無しです。
それでも汗だくで、帽子から汗が滴り落ちてきます。

途中で何人かトレランな人に抜かれますが、
自分は・・・。普通の登山者ですから・・・
ちょっと平らなところで、申し訳程度にラン。

10時。2.5時間くらいで山頂に到着。


富士山。


今日は、さらにここから丹沢山まで行ってみます。
ダダッと下った後は、緩やかな笹の尾根道。


木が少なく、東西の景色がよく見えます。
富士山もばっちり。


反対側には宮が瀬湖も見えます。
初めて来ましたが、塔の岳に来たのならここまで足を伸ばすべきですね。

途中で2箇所ほど、こんな光景を見ましたが、これ、
何なのでしょう?


しばらくして丹沢山に到着。10:50。


持ってきたおにぎりをほおばり、来た道を帰ります。
塔が岳で水が尽きたので、500円のポカリを買って、下山にかかりますが、
ここで、大倉尾根ではなく、何の疑いもなく新大日の方に降りてしまいました。
これはワタクシ100年の不覚でした。
20分ほど降りたところで、右手に秦野の市街地が見えて、悟りました。
上り返すのもなんだし・・・
iPhoneで、山と高原の地図をチェックし、行者が岳の手前から政次郎尾根を
降りるルートを選択しました。
表尾根は、人がたくさんでしたが、このルートは、人っ子一人居ない
寂しい感じです・・・
それでも、下り方向に向いた新しい足跡がたくさんあるので、今日降りている人は居るようです。
表尾根と分かれてからは延々と下る、下る、下る・・・
右手には大倉尾根がだいぶ高いところに見えます。
そして沢の音がだいぶ近くなってきて、ようやく、
作次郎小屋に到着。14:00。
塔の岳からは2時間近くたってしまいました。
夕方に用事があるので、作次郎小屋からは
未舗装の林道をジョグで。

大倉バス停には14:45着。
やはり素直に大倉尾根を下りてきたほうが、人は多いものの、
快適で早かったと思われます・・・
馬鹿尾根などと言われますが、整備されていて
危険もなく走りやすいルートです。


バナー人気blogランキングに参加中です  
| weatherman | 18:09 | comments(2) | - |
Comment
この時期のトレランは、気持ちよさそうです。なんといっても景色がきれいだ。道路を走っているとなんだか味気ない気がします。
Posted by: TRIK |at: 2013/11/05 3:46 PM
景色に見とれて、ほとんど歩いてましたが(^^;)。
走りこむなら道路ですね・・・
Posted by: weatherman |at: 2013/11/17 4:42 PM








Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Link

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode free counters