Entry: main  << >>
第28回大山登山マラソン大会
大山登山マラソンに初参加。
もう28回もやっている伝統の大会ですが、いままで意識したこともなかったので、
全然知りませんでした。
距離は10km程度ですが、最後は登山道を登る過酷なレースです。

さて、伊勢原駅を出て会場の小学校には、受付締め切りの40分以上前に到着。
早々と準備を済ませトイレも完了。
ちょっと手持ち無沙汰で、アップなどしますが、昨日プールで2km(今までの最長距離!)も
泳いでしまったせいか、なかなか調子が上がりません。

ooyamatozan1.jpg
開会式などを見ながら時間をつぶし(受付締め切りからスタートまで1:30って、
ちょっと、間延びしすぎですね・・・)、ようやく、会場に整列後、
伊勢原駅に向かいます。
ooyamatozan2.jpg

スタート地点
ooyamatozan5.jpg

10:32になってスタート。
スタート直後からびみょーな上りになっていて、思うようにスピードが
乗りませんが、10kmのレースということを考えると、ゆっくりしていると
レースが終わってしまうなどと思って、5km/分くらいまで上げ、抜かし基調
で進みます。結構高速レースになると思ったのに、それほどでもないな・・・
が、今思うと、今日の調子から言って完全に飛ばしすぎでした。

3km、4kmと進むにつれて、順調に?勾配も増加。
6〜7km辺りでは、蓑毛を彷彿とする10%くらいの勾配になりました。
その後も、なだらかな部分はほぼなく、上りっぱなし。
それでも、少なくとも舗装路は歩くことなく、お土産やさん通りまで
来ました。
途中から、心拍が170bpmを下ることはありませんでした。

ここからは、ほぼ完全に歩きです(^^;)
暑くて熱中症気味。
回復しないまま、女坂へ。
もうふらふらです。
ペースも30分/kmとかなってます。
勾配も45%くらいですが・・・
心拍数160近くまで落ちますが、
もう、ここから上げられない・・・

ケーブルカー途中駅の山寺を過ぎ、
しばらくして、
そこを上ればゴール見えますよ〜との係員の声。
救われました。

そして、ラストスパートとか、そういうことは
一切なく、ゴ〜ル。
脚のダメージなどはほぼないのですが、
体力が底を尽きました。

ooyamatozan3.jpg

お汁粉を頂き、一息ついてからケーブルカーで下山。

ところで・・・
昨日あたりから薄々気付いてはいたのですが、、、、
鼻水とくしゃみが止まらない・・・
空気が相当霞んでいて、黄砂なのか、PM2.5なのか何なのか
知りませんが・・・
この状況でついに自分の身にも来てしまったのか・・・?
花粉症!?

まだ、認めてはいませんが、
降りるまでに、ポケットティッシュ2つ使い切りました。
やな感じです。




バナー人気blogランキングに参加中です
| weatherman | 18:40 | comments(4) | - |
Comment
こんにちは!
上りっぱなしとか100Kmとか
もうフルマラソンでは満足できないんですね、悲しいです・・・
私はスイムばかり・・・月に30Kmくらい泳いでます!
プールで待ってます♪
Posted by: orca |at: 2013/03/12 5:30 PM
2キロのスイムがきいていますよね。きつかったことでしょう。
Posted by: TRIK |at: 2013/03/14 3:44 PM
orcaさん、
自分も最近は毎週泳ぎに行ってます。5,6km/月です・・・
スイムも深いですね。
自転車、ランは、もう伸びしろが・・・(><;)
Posted by: weatherman |at: 2013/03/17 9:25 AM
TRIKさん、
たしかに、たかが2キロといっても、今の自分にとっては、20kmのランくらいに匹敵します・・・
Posted by: weatherman |at: 2013/03/17 9:28 AM








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Link

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode free counters