Entry: main  << >>
薄氷のサブ4 第一回富士山マラソン
昨年までの河口湖マラソンからリニューアルした「第一回富士山マラソン」に参加してきました。

旧河口湖マラソンから、いつのまにか通算5回目の参加。初フルもここでした。
今年からコースも変わって、河口湖、西湖を回って還ってくるくるコースとなっています。
旧コースは、河口湖2周ですが、場所によっては3回同じところを通らされたり、
トップ選手が周回遅れの選手の脇をすり抜ければならなかったりと、やや難があったので、
その辺の改善も意図したものなのかと思われます。
新たに、富士五胡チャレンジでも50km地点で通過する、
河口湖と西湖の間の心臓破りの坂が20kmを過ぎたところに設定されていますが、
この坂は、マラソンのコースとしてはどーなんでしょうか??
この坂を過ぎてもまだ先が長いので、余力を残しながら、かつ、時間ロスをなるべく出さない
ようにする必要がありますね。



さて、いつものように会社ジョギングクラブつながりのみなさんと前日入り。
私にとって今シーズン最初のレースとなりますが、あまり練習できてません。
夏以降は、トレラン、帰宅ランを数回、あと、先週、駆け込み的に、20kmのペース走
をやったことぐらいです。プールも何回か行きましたが、マラソンの練習には
あまりならないでしょうね・・・
これまで、サブ4を逃したのは、初フルの4:02のときと、地獄の新東名マラソン
の2回なので、今回も、練習不足とは言え、4時間越えの記録を残したくありません。
練習不足を何とか挽回するために、今回も酒なし、カフェイン分を含んだ飲料もなし、
MEDALIST入りのOS-1(経口補水液)を前日からちびちびと飲り、
夕飯はごはん大盛り2膳、朝ごはんも2膳と、食欲を解放します。
しかし、朝のお通じはイマイチ。体が重いです・・・

時間通りに整列し、8:15スタートの号砲。
いつものように、有森裕子さんのハイテンションな声援で見送られます。

例年と何がどう違うのかよくわかりませんが、2分ほどで、スタートラインを
超えました。いつもに比べたらだいぶ早いです。
湖畔をしばらく走った後、富士山に向かって直登開始。この坂を折り返してくるまでは、
アップのつもりでたらたらと走ります。それにしても、後で考えるとちょっと遅すぎでした・・・これは反省。
下ってきて乳ヶ崎南交差点をまがったあたりから徐々にペースアップして
5:30/kmあたりまで持っていきます。お腹が重くて踏ん張れないので、下り坂を利用して
ペースアップ。脚を温めます。


湖畔に出て10km地点通過。河口湖大橋を渡ります。
前日からの、水分対策のお蔭か、喉の渇きは全くありません。
なので、エイドで水はとりますが、走りながら軽く口に含む程度。
調子が悪い時は、10km過ぎて疲労感が出てきますが、今回、15km過ぎても調子は良いです。
そのままハーフ地点まで。逆に、お腹がこなれてきて調子が上がってきました。
ハーフ地点でこんなに調子が良いのは初めてかもしれません。
あまり飛ばしていないのと、エネルギー補充が十分だったからだと思われます。


そして、かの激坂へ。
沿道のスキンヘッドのおじさんに励まされ、登坂開始。
初めの100mくらいが緩やかで、その後8%前後まできつくなっていきます。
ペースを抑えて脚に乳酸がたまらないようにしますが、かなり息が上がってきました。
途中のうどんエイドには全く気付きませんでした。
S字カーブを曲がり、なおも上り続けピークに到達。ここからやや下ってトンネルをくぐり、
西湖畔に出ます。

坂の直前まで、スタートからのアベレージペース5:30/kmで来ていましたが、
西湖に入った時点で、5:40/kmまで一気に落ちてしまいました。
4時間でゴールするためには、平均5分41秒27/kmで走る必要があるので、
あと1秒あまりの余裕しかなくなってしまいました。

まだ距離的には半分近く残っていますが、ペースアップしないと、給水もできない状況です。
体幹の筋肉で体を前に持っていくフォームを意識し、何とか、5:30/kmくらいまで
戻しますが、油断すると、すぐ6分/kmくらいまで落ちてしまいます。
残りの距離を考えると、この時点で「苦しい」と考えていると、とてもゴールできそうにないので、
「これが普通の状態。苦しくない。」と自分に言い聞かせます。
意外にこの方法で、頑張れます。
前を走っている人のTシャツに、「走れるだけで幸せ」と書いてありました。
まさにその通り。

何とか、西湖の端に到着して右折。
ここの緩いのぼりは堪えました。直前まで坂が見えなかったので、気持ちが折れそうです・・・
給水所で、携行してきたMedalistとジェルを流し込み、水もたっぷり補給しました。
5分後くらいから効果が出てきて楽になりましたが、しばらくすると元の状態に・・・
細い道をくるっと一周してきて、西湖の南側の道に入りますが、ここも最初にちょとしたのぼりが・・・
大きくペースダウンしますが、上りきった後の下りでつじつまを合わせます。
その後も、一進一退。下りで5:15くらいまで上がったり、6分前後まで落ちたり
アベベースは、5:39/kmあたりで止まったままです。

取りあえず、頑張ってトンネルまでと思って、何とかペースを維持しながら、
西湖南岸うをやり過ごし、戻ってくることができました。
実のところ、ここまでの区間が一番精神的に厳しかったです。

トンネルをくぐり、激坂の下り。
はじめは足が痛くてスピードを上げられませんでしたが、徐々にスピードアップ。
重力を解放して、ただし、こけないようにペースアップ。
5:38/kmまで戻し(?)ました。

河口湖に戻ってきた、という感覚になって、少し精神的には楽になりましたが、さらに7kmあります。
皇居1周半弱。駒沢公園換算3周とちょっと。

見覚えのある道の駅まで戻ってきました。途中の給水で、5:39/kmに戻りましたが、
まだペースは何とか維持できています。最後の最後でダッシュしたくないので、
出来る限りペースアップ。

浅間神社を通過して、残り3kmの看板。
Forerunnerのタイムは、3:43と出ています。
残り3kmを17分で走らないといけません。5分/kmで走る必要はないけど、6分/kmでは遅い。
5:30/kmなら、3kmで16分30秒なので、確認した時間は、秒の単位が表示されていませんが、
Forerunerに表示されていたのが、3時間43分30秒より前だったら、このペースで間に合うはず。
間に合わない可能性も半々。

ここまでくれば躊躇しても仕方ないので、ラストスパートをかけます。
乳ヶ崎までの最後ののぼりを覚悟していましたが、なんと、今回はコースが変わって、湖畔の道で大橋の下をくぐります。
そして、お土産屋さんが並ぶ道路に出て、ゴールが見えてきました。
いまだかつてない、渾身のスパート。
思わず、息がハーハーと声を上げてしまいますが、前を行く人が道をあけてくれました(^^;)
サングラスを外して(投げないけど)、両手を上げてゴ〜〜〜ル。
Forerunnerを見ると3:59の表示。
やったぁ〜〜〜。
ハーハー音を立てないとできない呼吸がしばらく止まりませんでした。
心拍数も192bpm。28歳じゃないとここまで上げてはいけない心拍数です・・・。

自己ベストには全然届いていませんが、今回は、気力で走ったレースとして、
ちょっとした達成感があります。いや、かなり嬉しい。
本当は、もっと練習しろという話なのですが・・・
後で、記録を調べてみると、4時間まで数秒という、本当に薄氷を踏むような結果でした。

ゴール後、飲み物を求めて会場の一番奥まで歩いていくと、そこは手荷物預かりのテント。
戻ってみると、水をもらうのに長蛇の列が出来ていて、20分くらい並ばされ、すっかり
体が冷えてしまいました。
でも、そんな不満もまだましだったようで、今回、会場周辺で交通渋滞が発生して、
スタートに間に合わなかった選手が5000人くらいいたそうです
自分的には思い出に残るレースだっただけに、ちょっと残念です。
来年からは、諸々対策がなされると思いますが、このコース、もう来年はいいかな・・・



バナー人気blogランキングに参加中です
| weatherman | 00:38 | comments(2) | - |
Comment
サブ4死守おめでとうございます!!

自分は同じ日につくば走っていました
なんとか目標をたっせいすることが出来ました
フルをガチで走るのはやっぱり大変なので来年以降はウルトラとトレランで頑張ります!!
チャレンジ富士五湖にもエントリーする予定です
参加されたらよろしくお願いいたします
Posted by: のりぞー |at: 2012/11/30 11:18 PM
のりぞーさん、
目標達成おめでとうございます!
マラソンは途中気が抜けないから大変ですよね。
自分も、富士五湖エントリーしてしまいました。あまり練習できそうにないので、まだ、迷ってますが・・・
参加したときはよろしくお願いします!!
Posted by: weatherman |at: 2012/12/02 5:14 PM








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Link

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode free counters