Entry: main  << >>
金時隧道
先日金時山に登ったときに通った矢倉沢峠の直下に、
車道のトンネルがあるらしいことに気付きました。
調べてみると、南足柄から足柄峠へ上る途中から林道が延びていて、
このトンネルにつながっているようでした。
足柄峠エリアから箱根の内側エリアは、舗装道路ではつながってないと
ずっと思っていたので、これは自分にとって大発見。ゲートが閉じている
らしいですが、自転車ならいけるとのこと。これは是非行かねば!

ということで、若干雨の心配があるものの、着替えと輪行バッグを持っていけば
何とかなるでしょうと、朝6時に家を出発。

箱根までのルートは、もっとも起伏の少ない、鶴川街道経由を選択。
今の自分の脚では、246はおろか中原街道のアップダウンでも
途中で挫折しそうです・・・

鶴川街道経由で厚木まで出て、そこからは246で。
第一やられポイントの善波峠で、8割くらいの脚力を消費・・・
開成に入ったところで、すき家休憩。
大盛り牛丼で補給します。

ここで、スコール来襲。
外に出しておいたヘルメットがずぶぬれに。
雨が少し小降りになったところで、再スタート。

スコール通過後は、ムシムシ、ジメジメ、ベタベタ、かつ、
後輪が巻き上げる水しぶきで、背中ぐっしょり。

足柄峠の登りにかかりますが、滴る水滴は雨なのか汗なのか
よく分かりません。

ここまで70km走ってきているのでもう、脚があまり残ってないのですが、
亀の歩みで結構な急坂をじりじり登って行きます。
S字カーブが過ぎた辺りに林道の入り口がありました。

林道入ってすぐが10%超のわっか付き激坂。2〜300mくらいですが。
その後も7〜8%、ときに10%越えくらいの坂を1時間くらい上り続けてようやく・・・





左側に車が止まっていますが、途中ゲートは閉じておらず、
車も数台すれ違いました。
止まっている車は、どうやら金時山登山客のもののようです。
車が通るので、道路の状態もよく、走りやすい路でした。
勾配を除いては・・・

さて、仙石原側へ降りた後は、乙女峠を超えて、富士山を見るのが
目的でしたが、天気も悪いし、脚も残っていないので、そのまま、
箱根湯本まで直滑降。

湯本の温泉で汗を流した後は、ウェストバッグに入れてきた
着替えに着替えて、輪行バッグに自転車をしまって、
ロマンスカーで帰京。
駅弁とビールも堪能し、贅沢な自転車旅でした。



dst;106km

バナー人気blogランキングに参加中です
| weatherman | 09:14 | comments(2) | - |
Comment
サイクリング後、ロマンスカーで、駅弁とビール!!いいなぁ。
最高!!!じゃないですか。
Posted by: TRIK |at: 2012/09/18 3:31 PM
一度これを覚えてしまうと、
走って帰ってくるサイクリングができなくなります・・・
Posted by: weatherman |at: 2012/09/28 9:39 PM








Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Link

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode free counters