Entry: main  << >>
足柄峠〜尺里峠
自転車で峠越え・・・。久しぶりです。
まず、足柄峠。
5/5。
GW後半、やっといい天気になりました。
朝ごはんをたっぷり食べて出動。

30分ほどで、南足柄に到着。
足柄街道の登りにかかります。
ここは古道の矢倉沢往還ですね。
箱根が開かれる前は、相模と駿河を行き来するには、
酒匂川沿いではなく、この峠道を通っていたとのこと。
なぜ、ほとんどアップダウンのない、酒匂川沿い(現246)では
なく、この険しい山道を通っていたのか?
そんな謎に思いを馳せつつ、険しいといっても、見える稜線は
意外と低いなぁなどと思いつつ、まだ緩い斜度に、
余裕を感じながら進みます。
Imgp0154.jpg


が、その余裕もあっという間に打ち砕かれます。
山里にありがちな、平坦部と急坂部の繰り返しをやり過ごしていく
うちに、トンネルを越えた辺りから、グンと斜度が上がります。
旧規格の道路だと思われる、理不尽な勾配。
とは言え、標高差700m程度の峠、汗だくになりながらも、1時間ほどでピークに着きました。
Imgp0160.jpg


峠自体は見通しの悪い峠ですが、
ちょっと下ったところで、、、、
今日のご褒美。
Imgp0170.jpg


このまま小山までダウンヒル。
ブレーキをDuraに換えてから、ダウンヒルも楽しいです。

旧246に出て、東京方面にしばらく進み、現246に合流します。
谷峨から、再び旧道。
旧道は車が少なくて気持ちいい。

山北町でも旧道を走り、高松山の分岐があるところで左折。
このひ2箇所めの目的地、「神奈川のラルプデュエズ」と言われる、
尺里峠を目指します。
「尺里」で「ひさり」と呼びます。

きれいな沢沿いに進み、東名をくぐって、山道にかかります。
ここから7〜8%くらいの、車一台がやっと通れるような細い路を
延々と上ります。
Imgp0179.jpg

地図があまり頭に入っていなくて、尺里峠の別名である第六天の標識の通り
に進みました。途中メインの路から左折しましたが、そのまままっすぐ行けば、
先日廃校になってしまった、高松小学校がある集落に行くことができたことを
後で気付きました。
途中、ハイキングのファミリーとおじさん2,3人を抜いたくらいで、峠に到着。
Imgp0182.jpg

ここも見通しの効かない峠です。
少し下って、、、
見難いですが、赤い屋根の向こうには、相模湾に浮かぶ江ノ島が見えます。Imgp0189.jpg

寄木に降り、ゴルフ場の横を通って秦野川に抜けます。
この路、地味に勾配10%くらいあって、堪えました・・・

かえってシャワーを浴びると、両腕が真っ赤に日焼けしていました。


バナー人気blogランキングに参加中です
| weatherman | 21:29 | comments(0) | - |
Comment








Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Link

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode free counters