Entry: main  << >>
カーフマンジャパン・デュアスロングランプリ/シーズン9 第4戦南関東ステージ
デュアスロン。
バイクとランです。
ラン5km+バイク30km+ラン5km。
昨年も一緒に参加した、Catteni Positivoメンバー二人も参加しました。

カーフマンのカーフは、ふくらはぎですね。
大会ホームページによると、痙攣するふくらはぎに例えたそうです・・・

スタート直後はランです。
参加人数も、その辺のマラソン大会などと比べると、桁違いに少ないし、
みんな、そこそこ気合が入っている人たちが集まっているので、
ランもかなりのスピード。
最初から、4:10/kmで突っ走りますが、段々最後尾が近づいてきます・・・
5km終わるころには、5:00/kmまで落ちてしまいました。
まだ後ろに1/4くらいはいるかな?

そしてトランジットして、バイク。
今回も、何の準備もなく、シューズは普通の紐のまま。
ゆっくりと履き替えて、バイクにまたがり、バイクパートスタート。
この時点で、かなり息も絶え絶えですが、バイクパートで
落ち着ける感じです。
本当は、もっと気張らないといけないのでしょうが・・・

ドラフティング禁止なので、向かい風直撃。
追い風で37km/hくらいですが、向かい風になると、最後のほうは、
24km/hくらいまで落ちる始末です。

何とか、6周終わって、再びラン。
まさにカーフマン。両ふくらはぎが攣りまくりです。
こんなこともあろうかと、スタート前にスポーツミネラルを飲んでおきましたが、
そういう問題ではなかったようです。
マラソンの終盤のように、脚にダメージがあるわけではないのですが、
脚の筋肉内の酸素もしくは、グリコーゲンがほぼ枯渇状態です。

なので、走っているうちに段々復活してきました。
第二ランも5:30/kmくらいで走りきってゴール。

正式リザルトはまだ出てませんが、昨年より5分くらい早くゴールできたようです。
レース中は、今年も出場してしまったことを後悔していましたが、
終わってみると、楽しかったです。

翌日追記;
リザルトが出てました。
昨年よりトータルで約4分短縮。
第一ランで3分近く、第二ランでも1分近く縮んでいました。
バイクは、ほぼ横ばい。
練習は正直です。

ランのスピード化練習は引き続き進めるとして、
問題はバイク。
コースはフラットなので、
f=ma が効いてくる、減速→加速の箇所が3箇所ほどあるので、
体重低減もさることながら、やはり、パワー増加=脚の筋力増強、
もちろん、単純な筋肉量だけではなく、それを支える、補給系も含めた
強化が必要ですね。

練習は正直です。



↓エリートクラスの様子。






バナー人気blogランキングに参加中です
| weatherman | 21:45 | comments(2) | - |
Comment
カーフマンのカーフって、ふくらはぎのことだたのですね。知らなかった。記録短縮おめでとう!まだまだ速くなりそうですね。
Posted by: TRIK |at: 2012/02/09 12:18 PM
TRIKさん、
ありがとうございます!!
問題はバイクですね。走り込みが必要です。
Posted by: weatherman |at: 2012/02/10 12:33 AM








Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Link

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode free counters