Entry: main  << >>
改めてForerunner305の紹介(その1)
私は、サイクリングやジョギングの時は、Garminの腕時計型GPS、Forerunner305を、ほぼ必ず装着しています。
本体アップ
トラックログを残しておけば、後々、いつ、どこを、どのように、どれくらい走ったかがわかるので、トレーニング日誌を書くよりも正確に記録を残しておけます。もちろん、ハートレートモニター(心拍計センサー)も必ず装着します。
サイクリングでもジョギングでも、心拍数に基づいたトレーニング方法が色々なところで紹介されています。そういったトレーニング方法を実践するには、立ち止まって15秒間脈拍を測るなんてことはやってられないので、心拍計がないと話になりません。
Forerunner305は、GPSと心拍計が一体になっているので、どの地点で、どれだけ心拍数が変化したかが一目瞭然にわかりますし、カシミール3Dの標高つき地図などと組み合わせれば、どの程度の勾配の坂で、どの程度心拍数が上がったかを知る、といった使い方も可能です。また、別売のケイデンスセンサーを利用することもできると思われます。

プロ選手が使っているというような話は聞いたことがありませんが、ホビーユースから本格的なトレーニングまで、幅広く、色々な使い方ができる、とても優れたツールだと思います。値段がちょっと高いのが難点なのですが。

バナー人気blogランキングに参加中です

| weatherman | 23:05 | comments(3) | trackbacks(1) |
Comment
最近は出張先にもFr305とジョギングシューズを持って行きます。後日トラッキングデータをGoogle Earthで見ると、ちょっとした感動です。先日横浜を走ったのですが、田舎者にとってはライトアップされた港が感動的でしたし、改めてGoogle Earthで走行軌跡を追っかけると、その時の風景が再度目に浮かんできます。
Posted by: akaradialist |at: 2006/12/26 9:24 AM
akaradialistさん、こんばんは。
出張先でランニングって良いですね。Forerunnerならさほど荷物にもならないし。
今度私もやってみたいと思います。
Posted by: weatherman |at: 2006/12/28 11:41 PM
来月の福岡出張が楽しみです。ジョギングシューズと、トレーナーで荷物は増えますが、自転車を持っていくことと比較すると随分楽です。
Posted by: akaradialist |at: 2006/12/29 12:14 AM








Trackback
【鎌倉ライブ】 今回は、LMTD、CTO、5Frシステムに焦点が当てられていました。昨年と比較して、LMTDに対してのCrush Stentingは激減したのが印象的でした。また0.10wire(10 wire system)を使うことにより、5FrでKBTも可能となり、さらにSlender化は進みそうです。CTOに
TRIK:TouRIng Kumamoto | at: 2006/12/26 9:12 AM

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Link

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode free counters