Entry: main  << >>
300kmの反省。
忘れないうちに、書いておかないと。。。

Edge800について。
ルートの準備は、etrexを使っていたときと比べると、1万倍楽でした。
何せ、Alplslabにアップされている殊勝な方が作成してくれたルートをDLして(*.tcx)、
Mapsourceで、Edge800に転送するだけ。
以前はキューポイントを全部入れていたので、それに比べたら、Alplslabのルート作成
を自分でやったとしても、まだ楽です。
また、今回、コマ図も主催者が作成してくれていたので、そのまま使いました。

失敗は3点。
・オートパワーオフ設定をしていた。
 デフォルトでオートパワーオフがONだったんじゃなかったかな?
 1週間前の柏カレーサイクリングでも、気がつくと電源が切れている
 のは気づいていたのですが、etrexで頻発していた「瞬断現象」が、
 実は電池の接触の問題ではなく、ファームの問題で、Edge800でも
 問題を引きずっているのではないか?と、勝手に思い込んでいました。
 気がついたのは、280kmも過ぎたころ、パワーオフする直前に表示される
 15秒のカウントダウンをたまたま見たこと。これで疑問が氷解しました。
 さらに、オートパワーオフ後に電源を入れると、ログをSaveしろというメッセージが出るのですが、
 これも無視していました。
 これが、ログが取れなかった原因です。

 おまけに「瞬断現象」の疑いを抱いていたので、今回コマ図も併用したのですが、
 ちゃんと使っていれば、Edge800だけで特に問題なさそうです。

・スタート地点までのナビを実行してしまった。
 コース設定で、Alpslabから落としたルートを選択すると、最初に”スタート地点”までの
 ナビをするか?というメッセージが出るのですが、英語をよく読まずに、Yesにしてました。
 このまま走り出したので、途中で、何度もオートリルートが発生し、本来のルートナビゲーションが
 使い物にならない状態でした。仕方ないので、ルートナビをストップして使っていました。

・取り付け位置がステムだと見難い。
 ステムだと、視線をかなり移動する必要があり、リスクも高まります。
 エクステンダーでもう少し前方に取り付けた方がよさそうです。

なお、電池の持ちですが、今回、外部電源と併用で、16時間半持ちました。
外部電源は↓これ。







電池は単三2個使用で、新品ではありませんでした。Battery low出てから、
接続し、使い始めて2時間くらいで、external power lostが出ましたが、
本体に充電されたようで、その後はプラグを抜いて使い続け、ゴールまで
(2時間くらい)大丈夫でした。


ライトについて。
真っ暗な下り坂をスピード出して下るのでなければ、SG-305一灯でも
大丈夫だと思いますが、山岳ブルベの場合は、二灯にするか、
もう少し明るいのを持って行く必要がありそうです。

持ち物について。
これまでの300kmでもヒップバッグ使用だったのですが、
今回若干荷物が多かったこともあり、最後は重さがと、走っているうちに
下がってくるのが、結構苦痛でした。
400km以上で使っている、Rixen&kaulのコントアーマグナム6Lじゃ大げさ
過ぎるし、もう少し小ぶりで軽いサドルバッグを買おうかな?

バナー人気blogランキングに参加中です
| weatherman | 21:06 | comments(0) | - |
Comment








Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Link

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode free counters