Entry: main  << >>
BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”
入院中に読んだ本です。
ちょっとページ数が多いですが、飽きずに最後まで一気に読めました。

メキシコの山岳地帯に住む、「走る民族」と言われる、あるインディアンの部族を追い、
この部族の住む地で、部族のランナーを交えたレースを開催するまでの物語を軸として、
走ることによって人類は猿から人へと進化したという説の紹介や、史上最高のウルトラレースの話など、
多様な内容となっています。
中でも、クッションの入ったナイキシューズがアマチュアランナーの故障の元になっているという説に触れ、
裸足こそ、走るためにもっとも適したものであるという主張は、なかなか説得力のあるものでした。
つまり、人類進化の結果として、もともと人間の足には衝撃を吸収する機能が備わっているのに、
それをシューズが妨げてしまうというものです。

雑誌などに書いてあるプロネーションがどうのこうのか、それをカバーするインナーソールとか、
胡散臭いな〜と思っていたので、我が意を得たりという感じでした。
ランニングというスポーツは、自転車と違って使う道具が限られているので、
メーカーもあの手この手で売るのに必死なんでしょうが・・・

それはともかく、この本はお勧めです。

バナー人気blogランキングに参加中です
| weatherman | 21:29 | comments(2) | - |
Comment
僕も読みましたよぉ。ある意味衝撃的な内容ばかりでしたよね。巨大なシューズメーカーをコテンパンにこきおろしているくだりは、最高に楽しかったです。
Posted by: TRIK |at: 2010/09/27 4:11 PM
TRIKさん、
ですよね〜
スポーツ系の雑誌を出している出版社じゃ絶対に手を出さない本ですね・・・
Posted by: weatherman |at: 2010/09/28 12:03 AM








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Link

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode free counters