Entry: main  << >>
チューブレスタイヤのはめ方
 NEWホイール、Shimano WH-7850-C24-TL 購入によって、チューブレスユーザーとなったのは、
すでにお伝えしたとおりです。
タイヤは、Huchinson(ユッチンソン)の、Fusion2 Road Tubelessです。
現在、普通に入手可能なチューブレスタイヤとしては、このタイヤか、IRC FORMULA PRO TUBELESS しかないようですね。
Fusion2もIRCも、有体に言って、高いです。1本1万円。前後で2万円!!
通販だともう少し安いですが。

さて、このチューブレスタイヤ、自動車やバイクがすでに、ほぼチューブレスなっていることから、自転車もいずれチューブレスに置き換わっていくのだろうということも聞きましたが、現在ではまだ普及している、という状態ではないですね。
もう少し普及すれば、タイヤの価格もぐっと下がってくれると思うのですが・・・

それはともかく、チューブレスの乗り心地の良さは実感しました。
ブルベ等長距離ライディングでも、体へのダメージが軽減され、メリットが大きそうです。
それと、パンクしにくい、パンクしても一気に空気が抜けにくいということも、長距離ライディングには好都合です。

ただひとつの問題点。
それは、タイヤが嵌めにくいということ。
外出先で、タイヤの脱着が必要になったらアウトです。
コツさえつかめば簡単と書いてあるブログもありますが、私は、3日間チャレンジして、ついに、自力でははめられず、Positivoで入れてもらいました。

これは、是非自分で嵌められるようにならなくてはと、本日、Positivoでレクチャーしていただきました。

最初に店長の実演。
僕も最初は良くわからなかったんですよ〜、などとしゃべりながら、さくっと嵌めてしまいました。
まるでマジックを見ているようです。

そして、店長の目の前で、自分でチャレンジさせていただきました。
店長の言うとおり嵌めていくと・・・・
ちょっと、苦労しましたが、数分で入ってしまいました!!

一回レースで使用して、幾分タイヤが伸びたということもあるかと思いますが、それにしても、
手がボロボロになりながらチャレンジした3日間は何だったのだろう・・・

すこし、コツをつかんだ気がしますので、ポイントを忘れないように書いておきます。


1.まず片側のビードを、バルブと反対側から嵌める。
 バルブ側まで嵌めます。
 これは、だれでもできる。別にバルブ側からでもできますね。

2.次に、もう片方のビードをバルブと反対側から嵌めていく。
 これは、バルブ側からやったら最後が嵌らないと思います。
 必ずバルブと反対側から嵌めます。

3.ビードの落とし込み 
 2でバルブと反対側から嵌め始めた時点で、両側のビードを、リムの中心部の溝に落とし込みます。
 落としこむといっても、難しいことはなく、ビードとビードをくっつけるように、両側からひとさし指と親指で押して、リムの中心部に入れていきます。
 ビードの落とし込みは、ある程度、両側のビードを入れてから行うのではなく、バルブの反対側から
 ビードを入れ始めた時点から始めます。
 姿勢としては、立った状態で、ホイールを自分の体と並行に地面に置いて(つまり、自分の体に対して、ホイールが前後に転がる方向ではなく、左右に転がる方向に置く)、バルブが下側になるようにして、上端から作業開始し、ビードの落としこみ作業を左右に広げていく感じ。

 なお、最初に入れたビードと後に入れたビードを入れ替えるような説明をしているものもありますが、
 その必要性はありません。両方のビードを中心部に落とし込んでいって大丈夫です。

 その代わり、ホイールの上端から落とし込んでいったら、そのまま、連続して作業箇所を左右に広げ、
 バルブ付近まで作業するようにします。
 途中で力を抜くと、うまく、ビードの落とし込みができないようです。


4.フィニッシュ
 ビードの落とし込みが、バルブ近くまでできたら、最後にビードがリムに嵌ってない部分が15cm〜20cm位残ると思います。
 ここからは、ある程度力が必要です。
 ホイールを回転させ、ホイールを置く方向はそのままに、バルブ部分を上端に持ってきます。
 ビードが嵌っていない部分は、手前側ではなく、向こう側に持ってきます。
 親指をタイヤ手前側にあて、その他の指を、まだビードが嵌っていない部分の両端部分に、指の第二関節くらいがあたるようにもって、手前側に回転させるように力を入れます。
 うーん、言葉で説明しにくい・・・ そのうち写真をアップします。

 結構力が必要ですが、だんだんと、ビードがリムに嵌ってない部分が狭まっていき、10cmくらいになると、あとは、スルっと入ると思います。練習すれば、もう少し早く嵌めれそうです。
 これができないと外出先でパンクした際に、緊急的にチューブを入れることもできないので、チューブレスユーザーには必須科目です。

バナー人気blogランキングに参加中です
| weatherman | 22:34 | comments(2) | - |
Comment
はまらなくてこまっていました。
無事、はまりました(タイヤレバー使ってですが…)
実は私もロード、Postivoで買ったんですよ(^^)
Posted by: 大矢 |at: 2012/08/31 10:34 AM
大矢さん、
もう少し嵌め易くならないもんですかね・・・。パンク修理も素人には結構難しいですね。

>実は私もロード、Postivoで買ったんですよ(^^)
是非、走行会にいらしてください!!楽しいですよ!
って、自分も最近、あまり行ってませんが・・・
Posted by: weatherman |at: 2012/09/02 6:38 PM








Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>

Link

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode free counters