Page: 1/1   
鎌倉円海山トレラン

冬の間は、都心近郊にある丘陵地を色々と回りたいと思っておりますが、

鎌倉の丘陵地帯を長めに走れる、円海山からのコースを走って(歩いて)きました。

 

 

 

スタートは、JR根岸線港南台駅。

抜けるような青空。

IMG_7965.JPG

 

駅前の通りを南下し、環状3号線へ。

その後、東進して5分ほどで、ハイキングコースの入り口へ。

住宅街にあるハイキングコースの入口(左折)。

IMG_7970.JPG

 

左折して、振り返ると、裾野まで見える富士。箱根までよく見えます。

都内からだと、丹沢越しで、頭しか見えませんが、ここからは、全体が見えます。

こんなに大きく見えるとは思いませんでした。

 

 

舗装されたハイキングコースを登っていきます。

IMG_7978.JPG

 

振り返ると富士。

この道は、その昔、武蔵と相模の境界だったそうです。

IMG_7980.JPG

 

トレイルっぽくなってきました。

IMG_7982.JPG

 

目指す方向に丘陵の稜線が見えてきました。

IMG_7986.JPG

 

富士山。

IMG_7992.JPG

 

しばらくして、

IMG_7993.JPG

 

このU字型の掘割構造と踏み固められた道。

古道な感じです。

IMG_7998.JPG

 

眼下に、巨大な住宅街。

いい感じの古道のすぐ脇まで接近していますが、この住宅街に住む人々は、

きっと、この古道は全く意識しないで生活しているのでしょう。

IMG_8005.JPG

 

関谷奥見晴台。

見晴らしの写真ではありませんが・・・

IMG_8008.JPG

 

鎌倉に通じる切通。

この岩を開削するのは、相当大変だったと思われますが、旅人の通行が少しでも容易になるように、

努力した様子が偲ばれます。

IMG_8010.JPG

 

鎌倉天園。

鎌倉天国だとずっと思ってました・・・

IMG_8011.JPG

 

海抜159.2m、鎌倉市最高地点の大平山山頂に到着。

IMG_8017.JPG

 

振り返って一枚。

IMG_8018.JPG

 

大平山からは、鎌倉宮に降りるのが順当なコースですが、そのまま、鎌倉の北側の尾根を進みます。

すると、いつの間にか建長寺の境内に入ります。

建長寺半僧坊の上部からの眺め。

IMG_8026.JPG

 

ここから下界に降りるには、建長寺の境内を通るので、拝観料をとられます。

戻るのも何なので、通過料500円を払います。

せっかくなので、建物も見学しつつ・・・

IMG_8031.JPGIMG_8038.JPG

 

この後は、北鎌倉駅からいったん電車に乗って、大船まで行き、大船から戸塚行バスで、本日のゴールまで。

IMG_8046.JPGIMG_8048.JPG

 

こんな住宅街にあり、車道を一度も横切らずに11劼眩れるトレイルは貴重です。

 

| weatherman | 23:22 | comments(0) | - |
鶴川、麻生県境尾根道ラン

尾根(古)道ランシリーズ。

 

地図を眺めていると、東京都町田市&稲城市と、神奈川県川崎市との都県境に

良さげな尾根道。

 

鶴川稲城.jpg

Image3.jpg

 

この辺りは、尾根緑道や尾根古道の宝庫。

色々なコースが作れます。

アクセスしやすいスタート地点と総距離と「ゴール」をうまく設定できるかがポイントです。

今回のルートは、

‐田急線鶴川駅〜真光寺

⊆稷嫗罅糎殿堯幣田急線新百合ヶ丘近く)、

E豕よみうりCC沿いの道〜よみうりランド

の3部構成になりました。

 

まずは、小田急線鶴川駅を出発。

駅前ロータリーを出て鶴川街道を渡り、旧香山園の左横の階段を上って降りて、

真光寺川沿いに出ます。

県道から一本入った、真光寺川沿いの遊歩道。

IMG_7910.jpg

 

県道沿いにユニクロやモスバーガーなどがあるあたりですが、ちょっと裏手に入ると、

時代に取り残された藁&トタン葺の建物。

IMG_7911.jpg

 

川沿いの低地から目指す尾根へ登っていきます。

古道かどうかは分かりませんが、いい感じの竹林の道。

落ち葉がよけられているので、地元の人たちは通るようです。

IMG_7914.jpg

 

尾根にでると住宅街ですが、しばらく進むと、いい感じに寂れてきました。

IMG_7916.jpg

 

しばらく進み、開けた左手を見ると、

真光寺川沿いの住宅地が見えます。

屋根がぎっしり・・・

その向こうには雲の下、丹沢が見えます。

IMG_7918.jpg

 

車道が尽き、緑道へ。

IMG_7919.jpgIMG_7926.jpgIMG_7928.jpg

 

この後写真がありませんが、森の中のトレイルが1kmほど続きます。

 

真光寺公園の広々とした敷地に出ました。

ここは、布田〜小野路を結ぶ布田道との交差点でもあります。

 

IMG_7929.jpg

 

ここでルート”瑤禄了。

黒川青少年野外活動センターの脇を通って、県道137号に出た後、

鶴川街道に出て、若葉台方面に進みます。

若葉台入り口を過ぎて、京王線の高架横を、再び丘陵地方面に進みます。

 

ルート開始。

京王線を離れて、高原状の広々とした畑地帯を進みます。

その後、尾根道に入っていきましたが、国土地理院地図で歩道となっている

道は、どう見ても藪の中で入っていけそうにありません。(下図、直進不可の地点)

左側にカーブしつつ入口を探しましたが、見当たらずUターン。(下図、気づいて引き返すの地点)

結局、尾根道の入口まで戻りました。

大きく迂回して反対側の入口につくと、立ち入り禁止の立札があり、

地権者が通行を禁止したようです。

その先の栗木台5丁目の北側の尾根道も、地図では行けそうな道ですが、

通行できませんでした。こちらは、新しい道の開通に伴い廃道となったようです。

 

しばらく車道を進み、平尾団地横の、宅地開発から取り残された尾根道を登ります。

ここは、両側から宅地開発が迫りながら、都県境が線状に未開発のまま残され、逆に

公園などとして整備された場所です。

横切る道が少ないので、住民は不便かもしれませんが、連続してトレイルを走れる

都会のオアシスになっています。

IMG_7932.jpg

 

五力田見晴らし公園。

ここは、川崎市の開発のようです。

http://www.city.kawasaki.jp/280/cmsfiles/contents/0000035/35822/sigen23.html

IMG_7933.jpg

 

平尾団地が終わり、一旦住宅街に出た後、古沢緑地に入ります。

市民農園になっているのかな?

IMG_7941.jpg

 

このまままっすぐ行くと新百合ヶ丘総合病院があって、その向こうは新百合ヶ丘駅周辺の宅地

になりますが、左手の谷底を走る「平尾中央通り」のほうに降りていきます。

ここでルート△禄了。

ちなみに、ルート右側の小田急多摩線五月台方面は、自然の谷戸が残っています。

開発が進んだ新百合ヶ丘近くにあって、貴重な里山です。

 

続いてルート。

一旦、「平尾中央通り」に出た後、

金程調整池の横を通って、神奈川県立麻生高校方面に登っていきます。

そして、大きなゴルフ場沿いを進みます。

このゴルフ場、地図でみると大きな一つの緑の塊ですが、

東京よみうりカントリークラブと、よみうりゴルフクラブが隣接しているようです。

全部で36ホール分、丘陵の高原部分を占有しています。

これが公園だったら、周辺市民に多大な恩恵があると思いますが、

周辺を厳重に仕切られていて、中は別世界になっています。

都内からゴルフに行く人には多少便利なのでしょうが、こんな広大な自然をつぶしてまで

ゴルフ場にする必然性があるのか、考えてしまいます。

いずれにしも、ゴルフ場の脇を進みます。

IMG_7942.jpgIMG_7946.jpgIMG_7947.jpg

 

圧迫感のある巨大なボールネット

IMG_7948.jpg

 

 

そして、少し住宅街を抜け、本日の「ゴール」のよみうりランド。

IMG_7949.jpgIMG_7950.jpg

 

いつもの。

最高です。

IMG_7952.jpg

 

 

 

 

| weatherman | 20:58 | comments(0) | - |
新春、弘法山ラン

新春の弘法山を走ってきました。

いつもの通り、写真撮り捕り、登りは歩きなので、かなりゆっくりです。

 

小田急鶴巻温泉駅〜吾妻山〜善波分岐〜弘法山〜権現山〜名水はだの富士見の湯

5.78km  1時間41分

 

 

弘法山Profile.jpg

 

 

小田急線鶴巻温駅下車。

IMG_7858.jpg

 

いつもお世話になってる、弘法の里湯の横を通り過ぎて、東名高速の下のトンネルをくぐり、

ハイキングコースに入っていきます。

 

すぐに尾根に到着。

尾根道を快適に進んでいきます。

IMG_7859.jpg

 

 

吾妻山のピーク。

IMG_7860.jpg

 

 

ほぼ平坦な尾根道を進みます。

冬のトレイルは人が少なくて静かに走れ(歩け?)ます。

のどかです。

IMG_7862.jpg

 

IMG_7863.jpg

 

 

1時間ほどで、弘法山に到着。

IMG_7871.jpg

 

南東方面がいい眺めです。湘南平野が見えます。

IMG_7869.jpg

 

 

目を凝らすと江の島。

IMG_7868.jpg

 

南西方面には、小田原あたりの海と伊豆半島。

写真ではよくわかりませんが。

IMG_7873.jpg

 

弘法山を過ぎて、北方面。

大山、二の塔、三の塔、塔ノ岳がよく見えます。

IMG_7875.jpg

 

権現山に到着。

シンボルの展望台。

ここは家族連れなどでお正月から賑わっています。

IMG_7878.jpg

 

 

展望台から秦野盆地の眺め。

渋沢丘陵、大井丘陵、遠くは箱根まで見えてます。

富士山は雲の中です。

IMG_7881.jpg

 

しばし眺望を楽しんだ後は、そのまま秦野側へ下山。

最近オープンした、名水はだの富士見の湯でゴール。

隣接する「はだのクリーンセンター」の熱エネルギーを利用した温泉だそうです。

こじんまりとした温泉ですが、食事も出来て、丹沢帰りに使う温泉の選択肢が増えました。

 

 

弘法山.jpg

 

 

バナー人気blogランキングに参加中です

 

| weatherman | 18:28 | comments(0) | - |
曽我丘陵トレラン

神奈川県大井町の曽我丘陵縦断トレランしてきました。

トレランコースとしてはマイナーですが、とってもいいコースです。。

あまり人に教えたくない・・・

 

小田急線渋沢駅をスタート。

IMG_6420.jpg

 

南下して、峠隧道の手前100mくらいのところで左に入り、旧道へ。

地図にものっていない細くて急な道を登って、峠隧道の上に出ます。

一気に開けて、緩やかな丘陵に広がる畑が目に入ります。

↓どこまでもソラマメ畑。昔は、たばこ畑が広がっていたそうです。

IMG_6425.jpg

 

矢倉沢往還の立札。

IMG_6427.jpg

 

今日の初富士。

IMG_6430.jpg

 

途中から、なぜか矢倉沢往還の立札に取り消し線が・・・

IMG_6432.jpg

 

栃窪まで降りてきて、タイムスリップしたような趣の家。

IMG_6433.jpg

 

先日開通したばかりの栃窪バイパスを超えて、尾根を越えたところ。

丘陵に広がるのどかな農村地帯です。

綺麗に整備された農道。

IMG_6434.jpg

 

菜の花&桜。今の短い間だけのザ・春の景色です。

IMG_6435.jpg

 

足柄平野が見えるところに出ました。

第一生命のビルが見えます

IMG_6437.jpg

 

 

東名高速。

IMG_6438.jpg

 

いこいの村あしがらを超えて、いよいよ曽我丘陵の尾根道に入ります。

尾根旧道っぽい並木道。

IMG_6445.jpg

 

しばらく、明るい農道を走りますが、だんだん鬱蒼とした山道になり、ピークの不動山の脇を巻いて再び

明るい農道に出ます。

相模湾が見えてきました。

IMG_6446.jpg

 

六本松などを超えて、小田原厚木道路の上を超え・・・

国府津に向け、降りていくところ。

太平洋が大きいです。

南国のような、光の明るさです。

IMG_6453.jpg

 

本日ゴールの国府津の市街地。

IMG_6456.jpg

 

17km程の行程でした。

アップダウンもそれほどでもなく、トレランコースとして素晴らしい。

曽我丘陵トレラン.jpg

 

| weatherman | 21:30 | comments(0) | - |
大山登山マラソンリベンジ

何回か出場している大山登山マラソン。

伊勢原駅から大山下社までの、約9kmのランです。

スタートから徐々に勾配を増し、最後は、階段を上ります。

 

楽しみにしていたのですが・・・

当日、急な仕事でDNS。

翌週にリベンジしてきました。

 

スタート地点の、伊勢原駅前。

IMG_6387.jpg

 

246を渡り、大山に向けて県道を進みます。

大山が見えてきました。

IMG_6389.jpg

 

車が結構通るので、バイパス側を登ります。

本来のコースはどっちだっけな?

桜がいい感じです。

IMG_6391-EFFECTS.jpg

 

 

旧道と合流し、さらに進みます。

IMG_6396.jpg

 

お土産屋さん通りに突入。

IMG_6400.jpg

 

お土産屋さん通りを抜け、ケーブルカー駅の横を通り過ぎ、いよいよ登山道へ。

この地点で、すでに息も絶え絶えです。

男坂と女坂があり、確か本来のレースのコースは、レースなんで男坂だよな・・という単純な判断で、

男坂へ。

出だしから、結構な登り。

IMG_6401.jpg

 

 

階段の幅も狭く、勾配も急で、危なっかしいです。

前に出たときは、こんなきつくなかったような・・・

たぶん、本当は女坂ですね・・・

 

と言いつつ、レースだったらビリだったかも・・・というのんびりタイムで、なんとかゴール。

IMG_6402.jpg

IMG_6404.jpg

 

帰りは、ケーブルカー&バスで、伊勢原駅まで戻り、となりの鶴巻温泉で、いつもの弘法の湯。

で、いつもの。

IMG_6405.jpg

 

来年はレースに出たい。
 

| weatherman | 18:53 | comments(0) | - |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Link

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode free counters