Page: 1/58   >>
塔ノ岳往復 2019

2019年の塔ノ岳。渋沢駅からの往復です。

そろそろ紅葉のシーズン。

久々の電車&バスアプローチの登山。

帰りは、必然的にアルコール付きです。

 

7時38分、渋沢駅北口発大倉行神奈中バスは満員。

8時前。大倉登山口に降り立ちます。

Dsc01404.jpg

 

トイレを済ませ、いざ出発。

雲一つない本物の快晴。

こんな日に山に登らなかったら激しく後悔します。

Dsc01410.jpg

 

今回、新兵器投入。

サロモンのGore-texトレランシューズ。

Dsc01407.jpg

 

 

 

AmazonのWordrobeで買ったのですが、あまりにジャストサイズすぎて、

本当に大丈夫か逆に半信半疑。

 

なんとかクリステルは見当たりませんでした。

前回来たときは、そんなものなかったし、今回も台風か何かで撤去された模様。

 

登山道に入り、しばしで。

Dsc01415.jpg

 

階段地獄の始まり始まり。

Dsc01416.jpg

 

途中平坦なところを含めつつ、階段につぐ階段で、

やっと頂上まで、もうそろそろという気分になれる、花立山荘。

Dsc01426.jpg

 

ちょっと高山風の花立手前。

Dsc01441.jpg

 

正面が塔ノ岳。左に丹沢山、蛭ヶ岳の丹沢主脈。

Dsc01447.jpg

 

金冷やしの鍋割分岐を過ぎ、最後の階段を上って・・・

ようやく。

Dsc01452.jpg

 

到着は10:40頃。下から2:40くらい。

だいぶ弱ってますが、まだ標準タイムよりは早いみたい。

絶好の登山日和と紅葉の始まりで、頂上はたくさんの人、人、人・・・。

 

写真撮りまくり。

富士山方面。

Dsc01460.jpg

 

箱根方面。

大涌谷の噴煙が見えます。

Dsc01471.jpg

 

秦野市街、足柄平野、真鶴半島、大島。

Dsc01493.jpg

 

大山、表尾根方面。

新大日、二の塔、三の塔、大山、相模平野、江の島、三浦半島、房総半島・・・

Img_0001.jpg

IMG_0007.jpg

 

コンビニおにぎりで昼食。

バーナー&コッヘル持ってきている人多いですね。今度は持ってこよう。

 

40分くらいゆっくり休憩した後、ぼちぼちと下山。11:20頃。

写真を撮り撮り、下ります。

紅葉はまだですね・・・

ピークはあと2−3週間先かな?

Dsc01521.jpg

Dsc01537.jpg

 

13:35頃大倉バス停到着。

途中から、脚がボロボロになりました。

後ろからガンガン抜かれまくり。

シューズ合ってないかな・・・?

 

バスがすでにエンジンがかかって、すぐ出発しそうな状態で

待っていたので、すぐさま乗り込んで、5分ほどで出発。

渋沢駅に到着。

駅前のデッキから。

真ん中の一番高い山に登ってきました。

Img_0035.jpg

 

いつものごとく、鶴巻温泉の弘法の湯で汗を流し・・・

前回知った2階の休憩スペース。

食事は、1回の高級(?)なお蕎麦屋さんでいつも食べていましたが、

2階に、素晴らしい憩いのスペースがあるではありませんか・・・

結構人もいます。いままでなんで気づかなかったんだろう。

高級なものはありませんが、生ビールと枝豆で十分天国。

しかも、2016年以来のスタンプ10個で、次回は入浴料無料♪

Img_0037.jpgImage1.jpg

Image2.jpg

 

 

 

| weatherman | 23:12 | comments(0) | - |
霧ヶ峰爽快ラン

| weatherman | 22:00 | comments(0) | - |
北八ヶ岳トレッキング

 

国道299号麦草峠から北八ヶ岳を堪能する散策へ。

あわよくば、紅葉も期待します。

(トレランカテゴリーですが、ほぼ走りません・・)

 

5時出発ではちょっと遅いので、4:30くらいに自宅を出発。

中央道をひた走り、甲府盆地に入ると、南アルプスの稜線がくっきり。

「快晴」予報の日を選んで来ているので、予定通り。

Dsc01010.jpg

 

中央道を降りて麦草峠へ。

8時前に着いているのですが、すでに峠の駐車場は満車・・・なぜ?

ちょっと降りたところに、白駒池駐車場があることを事前に予習済みなので向かってみますが、

さらに20−30台くらいが駐車待ちしている状況・・・

(何年か前のようですが)白駒池のCMが流れていたようで、まだ、そのブームが続いている模様。

仕方ないので、峠から1kmほど離れた駐車スペースに数台の同じような事情の車とともに駐車。

準備を整えて峠に向かいます。

 

峠でトイレを済ませ、いざ登山道へ。

国道のすぐ脇にある茶水の池。

Dsc01014.jpg

 

ありがたい名前がついてますが、ただの水溜りですね・・・(失礼)

Dsc01016.jpg

 

池の脇を通り過ぎて、湿っぽい林の中の道を分け入ります。

北八ヶ岳エリア特有のゴロゴロとした岩が転がる登山道を進みます。

Dsc01019.jpg

 

少しで大石峠へ到着。

峠と言っても、今回のコース上はただの序盤の通過点。

Dsc01022.jpg

 

相変わらず、岩ゴロゴロの登山道。徐々に勾配を上げます。

Dsc01023.jpg

 

苔むす北八ヶ岳の登山道。

Dsc01025.jpg

 

中木場というところに出ました。見晴らしが良いです。

Dsc01031.jpg

 

南側の眺望。

Dsc01033.jpg

 

 

これから登る茶臼山方面。

縞枯現象が見えています。

Dsc01036.jpg

 

 

直登の登山道を淡々と歩を進めていくと、縞枯している部分に出ました。急に空が開けます。

縞枯帯は徐々に移動しているそうですが、なぜ、こんな風になるんだろう・・・

Dsc01038.jpg

 

 

茶臼山頂上。ただし・・・

「展望台」こそが、この山の醍醐味。ルートから3分くらいはずれたところに「展望台」はあります。

Dsc01045.jpg

 

「展望台」からの眺め。

赤茶けた地質。「茶臼山」の由来でしょうか。

その向こうに、八ヶ岳主脈の赤岳などがきれいに見えます。

南アルプス、甲斐駒ヶ岳も。

Dsc01056.jpg

 

諏訪方面。フォッサマグナの盆地の向こうに中央アルプスが見えます。

Dsc01060.jpg

 

御嶽山。

Dsc01069.jpg

 

北アルプス方面。手前には霧ヶ峰の草原地帯も見えます。

Dsc01068.jpg

 

手前の縞枯山稜線の向こうに、北横岳と蓼科山。

ずっと見ていたい景色ですが風が強く寒いので、15分くらい写真を撮りまくって元のコースへ復帰。

Dsc01082.jpg

 

 

茶臼山と縞枯山の間の鞍部。ここにも縞枯地帯が。

目の前の高みの頂上に岩ゴロゴロの縞枯山「展望台」があります。

Dsc01095.jpg

 

少しで、縞枯山展望台に到着。

巨石がゴロゴロ・・・

Dsc01117.jpg

 

 

振り返って、茶臼山と八ヶ岳主脈&南アルプス。

Dsc01109.jpg

 

岩の間から。赤岳。

Dsc01121.jpg

Dsc01124.jpg

 

 

展望台を発ち、平行移動で縞枯山山頂に向かいます。この辺から急に、坪庭ロープウェイ方面からくる登山客が増えてきます。

Dsc01136.jpg

 

縞枯山の頂上付近からの南側の眺め。縞枯れた白樺群。

Dsc01139.jpg

 

地味な縞枯山頂上。雨池峠方面に下っていきます。

Dsc01145.jpg

 

雨池峠。ここも人多め。

Dsc01152.jpg

 

南側の眺め。坪庭や縞枯山荘は見えません。

Dsc01150.jpg

 

ここから、写真はありませんが、湿った岩ゴロゴロ道を急降下していきます。

注意して降りないと、危ないです。

下手なところに足をかけるとツルっと滑ります。

ほんの300mくらいのところを20−30分くらいかけて慎重に降りていきます。

降り切って林道に出ました。

Dsc01155.jpg

 

雨池方面に。先ほどの下りと打って変わって快適な道。

口笛吹きながら進みます。

Dsc01161.jpg

 

途中で林道を雨池方面へ分岐して下っていくと・・・

雨池が見えました。

Dsc01165.jpg

 

人工物が一切目に入らない、神秘的な湖(池)です。

ロープウェイからここまでくる人もいないので、ひっそりしています。

しばし時を忘れて、水を見ながらぼーっと過ごしました。

Dsc01191.jpg

 

名残惜しいですが、腰を上げて、ゆっくり池の南側を回って、麦草峠につながる遊歩道へ。

しっかりした木道がつくってあり、歩きやすいです。雨が降ると滑りそうですが・・・

Dsc01235.jpg

 

一時間ほど歩いて・・・

麦草峠に戻ってきました。

 

アップダウンもほどほどで、北八ヶ岳のしっとりとした雰囲気をたっぷり味わえ、静かな山歩きができる(かつ、ある程度

登山客もいるので寂しくない)最高のコースで、心身ともにリフレッシュできました。

紅葉はまだまだでしたね・・・

 

| weatherman | 21:55 | comments(0) | - |
入笠山ハイキング

平日色々あったので、ゆる〜いコースで。。。

そんなときのためにストックしてあったコース。

獲得標高の大部分をロープウェイで。

うぇーい。

一気に標高1800mまで。

Image1.jpg

 

ゆる〜いコースなので、老若男女、いや老老男女の団体多めです。

自分もそのうちそこに入りそうですが・・・

 

歩くことしばしで。

入笠湿原。

天気も最高。気分爽快です。

Image3.jpg

 

湿原を木道で突っ切り、車道も通じる山荘前を通過し、

入笠山方面に向かいます。

車道も歩けますが、すぐ下を登山道が平行しているのでそちらで。

しばらくすると、監視員が見張る駐車場があり、その先のお花畑を上っていきます。

この季節、顕著な花はもう咲いてません。

Image4.jpg

 

振り返ると、蓼科山、霧ヶ峰が。

Image5.jpg

 

少しだけ、登山道らしい道を歩き、頂上に到着。

ほぼ2000mの標高ですが、このお気楽さ。

Image9.jpg

IMG_9502.JPG

 

八ヶ岳の稜線がくっきり。本当にいい天気。

Image6.jpg

 

北アルプス方面。

左の方、乗鞍の緩やかな稜線。右の方は、険しい北アルプスの稜線。槍ヶ岳も見えます。

Image7.jpg

 

諏訪湖の上に見えるのは、白馬岳方面?

Image8.jpg

 

再び八ヶ岳の全貌。

Image11.jpg

 

振り返って南側。

甲斐駒ヶ岳と富士山。

ここまで360度ビューは、なかなか見られないのでは。

空気も澄んでいて、山の稜線がくっきり見えます。

Image12.jpg

 

山頂の北側に降り、あまり人もいない、気持ちよい白樺の林。

Image13.jpg

 

不気味なネーミングのポイント。

ここで車道に合流。

Image14.jpg

 

しばらく車道歩きの後、大阿原湿原。

ここも最高。

こんなに手軽に来れるのに、ここまでは、ロープウェイで上がってきた人はあまり来ません。

そんなに広大な湿原ではありませんが、きれいな花が咲き、野鳥がさえずる楽園。

道も完全に整備されていて歩きやすいです。

シーズンを若干外れているからなのか、ほぼ人がいません。

Image15.jpg

 

登山や山歩きの充実感は物足りませんが、自然や眺めは本物。

気軽にリフレッシュできる良いところです。

 

| weatherman | 22:12 | comments(0) | - |
蓼科山トレッキング

均整の取れた山容で、シンボリックな存在。

いつか登ってみたいという、数十年来の思いを果たしました。

7合目の駐車場からスタートします。

 

駐車場に8時過ぎくらいに到着。

東京からは、朝早く起きて行くという範囲ではこれくらいが限度ですね・・・

ですが、すでに満杯状態。

なんとか駐車して、駐車場から100mほどの登山口。

Dsc00195.jpg

 

緩やかに登っていきます。

Dsc00198.jpg

 

北八ヶ岳らしい苔むす登山道周辺。

Dsc00204.jpg

 

しばらく進むと、斜度が上がり、こんな荒れた感じの登山道。

バーチカル&直登ルート。

足元も悪く、疲れます。

Dsc00200.jpg

 

だいぶ上って、ようやく・・・

Image10.jpg

 

 

蓼科山荘。

たくさんの人がいます。

Image11.jpg

 

ここからは、アスレチックな岩登り。

ここまでの急斜面に対応するためトレッキングポールを伸ばしていましたが、

両手両足で岩を上るため、リュックに収納。

Dsc00261.jpgImage12.jpgImage13.jpg

Dsc00259.jpgImage14.jpg

 

高度感あるところは苦手なのですが・・・

小さな子供やお爺さん、お婆さんも普通に登ってますので、冷静なふりで。

あまり下を見ないようにしながら、岩にへばりつきながら登って、ようやく・・・

 

Image15.jpgImage16.jpg

 

山頂ヒュッテは、広大な頂上エリアの端にあります。

本当の頂上まで100mほど。

ゴロゴロ転がる大きな岩の上をぴょんぴょん歩いて・・・

Image17.jpg

 

あまり、いままで見たことのない風景。

1m程度の岩がゴロゴロ敷き詰められた広大な頂上エリアです。

遠目で見ると平ですが、小さなものを落としたら、二度と拾えない・・・

Image18.jpg

 

山頂エリア中央のちょっと窪みにある鳥居。

Image19.jpgImage21.jpg

 

しばらく、非日常世界を楽しんだ後、来た道を引き返しました。

距離が短い分、初心者向けコースに数えられますが、十分に苦楽しめ、

季節ごとに訪れたい、非日常を味わえる山です。

 

| weatherman | 22:20 | comments(0) | - |
野反湖キスゲハイキング

| weatherman | 21:40 | comments(0) | - |
今年初の霧ヶ峰トレラン

| weatherman | 21:36 | comments(0) | - |
山中湖マラソン

| weatherman | 21:27 | comments(0) | - |
小金沢連嶺トレッキング

昨年行った大菩薩嶺の南側に連なる、小金沢連嶺に行ってきました。

バイブル「分県登山ガイド」の「山梨県の山」に記載のコースをそのまま歩きます。

全長15劼箸舛腓辰板垢瓩任垢、アップダウンが少なくコース定数も27と、そんなにきつくないはず。

 

始発列車に乗り、大菩薩嶺と同様、中央本線甲斐大和駅からバスに小一時間ほど揺られ、

終点手前の「小屋平(石丸峠入り口)」で下車。

数組がここでおりますが、多くの人は終点まで乗っていくようです。

 

↓登り始め。

Img_8842.jpg

 

↓きつめの上り道をガンガン上って、いったん林道に出ます。

Img_8843.jpg

 

↓再び登山道に入り、ちょっとすると、今日の初富士です。

Img_8844.jpg

 

↓なおも、高度を上げていくと、見晴らしの良いところに出ました。もう少しで石丸峠。

Img_8852.jpg

 

↓石丸峠直前。こういう感じ好きです。

Img_8869.jpg

 

↓峠に到着。この時点で、すでに標高1900m。

Img_8870.jpgImg_8871.jpg

 

↓ちょっとした高みを超えると、バーンと視界が開けます。サイコー。

向こうに見えるのが、これから向かう小金沢山。

Img_8875.jpgImg_8885.jpg

 

 

Img_8889.jpg

 

開けたカヤトの道から、鬱蒼とした森の中へ。

 

打って変わって、歩きにくい、木の根と岩ゴロゴロの道を赤いリボンを頼りに進み・・・

小金沢山山頂。標高は2014m。

Img_8894.jpg

 

ここからは、次々現れる倒木連なる尾根道やカヤトの道を進み、

「牛奥ノ雁ヶ腹摺山」。日本一長い名前の山だそう。

Img_8895.jpgImg_8902.jpgImg_8904.jpg

 

もう一つ小さなピークを越えると、一旦大きく下ります。

↓降りきった鞍部は、シャクナギダルというそうです。

Img_8911.jpg

 

 

そして、再び登り返し、こんな倒木折り重なる尾根道を進みます。Img_8912.jpg

 

↓最後のピーク、黒岳に到着。

Img_8915.jpgImg_8916.jpg

 

しばらく進むと、南が開けたところに出ます。

白谷ケ丸です。

ところどころ露出している花崗岩の砂の斜面が白いです。

Img_8917.jpg

 

ここからは一気に下り、湯ノ沢峠。すぐ下に車道が通じています。

Img_8924.jpg

 

車道の終点にある避難小屋やトイレの脇を通り過ぎ、水場となる湧き水から流れ出る川に沿って歩きます。

時折、渡渉したり、河川敷の岩の上を歩いたりしながら、小一時間ほど下り、やがて林道歩きになり、

だいぶ下って、舗装道路に合流。

Img_8925.jpg

 

ここからも、延々と下ります。

だいぶ嫌になるころようやく、行きに乗ったバスが通った県道に合流し、100mほど下ったところにある、

やまと天目山温泉に吸い込まれます。

ここで、汗を流してビールをくいっとやった後、目の前のバス停から甲斐大和に戻りました。

 

 

 

湯ノ沢峠の後の、川歩きとそのあとの舗装道路歩きが思いのほか、堪えました。

 

| weatherman | 21:11 | comments(0) | - |
松田山トレッキング

以前、自転車で尺里峠(ひさりとうげ)に行ったときに、昭和のだいぶ古い時代に、

平らな頂上にゴルフコースが作られた松田山と、その北側の山地の間の谷間が

どうなっているのか気になりました。

ちょうどこの辺りは、南から北上するフィリピン海プレートと北米プレートが衝突

しているプレート境界上(神縄断層)にあり、松田山自体が、箱根などと同様、フィリピン海

プレートの北上に伴い、南から本州に衝突した山塊の可能性もあるところになります。

そして、この山塊と北部の間にある谷の谷頭は、尺里側に流れる川のものなのか、

寄(やどろき)側の中津川の支流のものなのか、地図で見てもはっきりしないので、自分の目で

確かめます。

 

 

 

秦野側から延々と歩き、一山越して寄に入り、ドッグランや寄自然休養村養魚組合の

釣り堀を横目に、登山道に入ります。

この写真の突き当りを右。

 

ここから登っていきます。

 

しばらくして、高松方面に直登する尾根との分岐。

 

道があるのか、ないのか・・・

 

虫沢と言われるだけあって、蚊なのかなにか謎の浮遊生物がまとわりつきます。

しばらく進んで、振り返ると寄、丹沢表尾根方面。

 

鉄塔のある所まで来ました。

 

ここから、高松山に尾根伝いで登っていくか、沢を超えて松田山に行くか・・・

沢にはいったんかなり下らないといけないのですが、沢の様子を確かめに。

写真はありませんが、清流が寄の谷の方面に流れていました。

源流はだいぶ西の方にありそうです。

 

沢を渡って、また一登りし、さっきまでいた鉄塔の方を見ます。

さっきは、まったく見えませんでしたが、すぐそこにガレージのような建物があったようです。

 

そこからさらに登って登って、少し斜度が緩やかになり、整備された東屋がありました。

そこから見る富士山の眺め。

 

そのまま進むと、平らなところで、まっすぐと、右に分岐がありますが、まっすぐ進みます。

もう松田山の尾根までアップダウンはないと思っていたところ、一瞬、寄側の谷の方にちょっとだけ下りますが、

すぐに登って、ゴルフ場に突き当たります。そこが松田山の尾根。

ゴルフ場の脇に沿いながら進むと、最明寺方面に下る道と直進の分岐。

直進すると、先ほどの東屋の後の分岐にぶつかるようです。

 

最明寺方面に下る道から見る、足柄平野と箱根。

 

最明寺の整備された敷地。

桜や紅葉の名所のようです。

 

最明寺からは車道歩きになります。

延々と下っていると、頭上に・・・

松田山のどこからか、降りてくるようです。

 

しばらく森の中の車道を歩き、斜度が緩んだあたりでは畑の中を歩き、東名高速の高架をくぐり、

松田駅。

 

さらに5分ほどで小田急の新松田駅でゴール。

秦野から歩いたので、20匐瓩歩きましたが、ほぼ人に会わないという・・・

振り返ってみると、最明寺で数組のグループに出会ったくらいか・・・

GW真っただ中に静かな低山歩きでした。

| weatherman | 21:00 | comments(0) | - |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Link

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode free counters