Page: 1/58   >>
塔ノ岳往復 2019

2019年の塔ノ岳。渋沢駅からの往復です。

そろそろ紅葉のシーズン。

久々の電車&バスアプローチの登山。

帰りは、必然的にアルコール付きです。

 

7時38分、渋沢駅北口発大倉行神奈中バスは満員。

8時前。大倉登山口に降り立ちます。

Dsc01404.jpg

 

トイレを済ませ、いざ出発。

雲一つない本物の快晴。

こんな日に山に登らなかったら激しく後悔します。

Dsc01410.jpg

 

今回、新兵器投入。

サロモンのGore-texトレランシューズ。

Dsc01407.jpg

 

 

 

AmazonのWordrobeで買ったのですが、あまりにジャストサイズすぎて、

本当に大丈夫か逆に半信半疑。

 

なんとかクリステルは見当たりませんでした。

前回来たときは、そんなものなかったし、今回も台風か何かで撤去された模様。

 

登山道に入り、しばしで。

Dsc01415.jpg

 

階段地獄の始まり始まり。

Dsc01416.jpg

 

途中平坦なところを含めつつ、階段につぐ階段で、

やっと頂上まで、もうそろそろという気分になれる、花立山荘。

Dsc01426.jpg

 

ちょっと高山風の花立手前。

Dsc01441.jpg

 

正面が塔ノ岳。左に丹沢山、蛭ヶ岳の丹沢主脈。

Dsc01447.jpg

 

金冷やしの鍋割分岐を過ぎ、最後の階段を上って・・・

ようやく。

Dsc01452.jpg

 

到着は10:40頃。下から2:40くらい。

だいぶ弱ってますが、まだ標準タイムよりは早いみたい。

絶好の登山日和と紅葉の始まりで、頂上はたくさんの人、人、人・・・。

 

写真撮りまくり。

富士山方面。

Dsc01460.jpg

 

箱根方面。

大涌谷の噴煙が見えます。

Dsc01471.jpg

 

秦野市街、足柄平野、真鶴半島、大島。

Dsc01493.jpg

 

大山、表尾根方面。

新大日、二の塔、三の塔、大山、相模平野、江の島、三浦半島、房総半島・・・

Img_0001.jpg

IMG_0007.jpg

 

コンビニおにぎりで昼食。

バーナー&コッヘル持ってきている人多いですね。今度は持ってこよう。

 

40分くらいゆっくり休憩した後、ぼちぼちと下山。11:20頃。

写真を撮り撮り、下ります。

紅葉はまだですね・・・

ピークはあと2−3週間先かな?

Dsc01521.jpg

Dsc01537.jpg

 

13:35頃大倉バス停到着。

途中から、脚がボロボロになりました。

後ろからガンガン抜かれまくり。

シューズ合ってないかな・・・?

 

バスがすでにエンジンがかかって、すぐ出発しそうな状態で

待っていたので、すぐさま乗り込んで、5分ほどで出発。

渋沢駅に到着。

駅前のデッキから。

真ん中の一番高い山に登ってきました。

Img_0035.jpg

 

いつものごとく、鶴巻温泉の弘法の湯で汗を流し・・・

前回知った2階の休憩スペース。

食事は、1回の高級(?)なお蕎麦屋さんでいつも食べていましたが、

2階に、素晴らしい憩いのスペースがあるではありませんか・・・

結構人もいます。いままでなんで気づかなかったんだろう。

高級なものはありませんが、生ビールと枝豆で十分天国。

しかも、2016年以来のスタンプ10個で、次回は入浴料無料♪

Img_0037.jpgImage1.jpg

Image2.jpg

 

 

 

| weatherman | 23:12 | comments(0) | - |
入笠山ハイキング

平日色々あったので、ゆる〜いコースで。。。

そんなときのためにストックしてあったコース。

獲得標高の大部分をロープウェイで。うぇーい。

一気に標高1800mまで。

Image1.jpg

 

ゆる〜いコースなので、老若男女、いや老老男女の団体多めです。

自分もそのうちそこに入りそうですが・・・

 

歩くことしばしで。

入笠湿原。

天気も最高。気分爽快です。

Image3.jpg

 

 

Image4.jpg

 

 

Image5.jpg

 

Image6.jpgImage7.jpgImage8.jpgImage9.jpgImage11.jpgImage12.jpgImage13.jpgImage14.jpgImage15.jpgIMG_9502.JPG

| weatherman | 22:12 | comments(0) | - |
蓼科山トレッキング

均整の取れた山容で、シンボリックな存在。

いつか登ってみたいという、数十年来の思いを果たしました。

7合目の駐車場からスタートします。

 

駐車場に8時過ぎくらいに到着。

東京からは、朝早く起きて行くという範囲ではこれくらいが限度ですね・・・

ですが、すでに満杯状態。

なんとか駐車して、駐車場から100mほどの登山口。

Dsc00195.jpg

 

緩やかに登っていきます。

Dsc00198.jpg

 

北八ヶ岳らしい苔むす登山道周辺。

Dsc00204.jpg

 

しばらく進むと、斜度が上がり、こんな荒れた感じの登山道。

バーチカル&直登ルート。

足元も悪く、疲れます。

Dsc00200.jpg

 

だいぶ上って、ようやく・・・

Image10.jpg

 

 

蓼科山荘。

たくさんの人がいます。

Image11.jpg

 

ここからは、アスレチックな岩登り。

ここまでの急斜面に対応するためトレッキングポールを伸ばしていましたが、

両手両足で岩を上るため、リュックに収納。

Dsc00261.jpgImage12.jpgImage13.jpg

Dsc00259.jpgImage14.jpg

 

高度感あるところは苦手なのですが・・・

小さな子供やお爺さん、お婆さんも普通に登ってますので、冷静なふりで。

あまり下を見ないようにしながら、岩にへばりつきながら登って、ようやく・・・

 

Image15.jpgImage16.jpg

 

山頂ヒュッテは、広大な頂上エリアの端にあります。

本当の頂上まで100mほど。

ゴロゴロ転がる大きな岩の上をぴょんぴょん歩いて・・・

Image17.jpg

 

あまり、いままで見たことのない風景。

1m程度の岩がゴロゴロ敷き詰められた広大な頂上エリアです。

遠目で見ると平ですが、小さなものを落としたら、二度と拾えない・・・

Image18.jpg

 

山頂エリア中央のちょっと窪みにある鳥居。

Image19.jpgImage21.jpg

 

しばらく、非日常世界を楽しんだ後、来た道を引き返しました。

距離が短い分、初心者向けコースに数えられますが、十分に苦楽しめ、

季節ごとに訪れたい、非日常を味わえる山です。

 

| weatherman | 22:20 | comments(0) | - |
野反湖キスゲハイキング

| weatherman | 21:40 | comments(0) | - |
今年初の霧ヶ峰トレラン

| weatherman | 21:36 | comments(0) | - |
山中湖マラソン

| weatherman | 21:27 | comments(0) | - |
小金沢連嶺トレラン

 

 

 

| weatherman | 21:11 | comments(0) | - |
松田山トレッキング

 

| weatherman | 21:00 | comments(0) | - |
仏果山ファミリーハイキング

| weatherman | 20:56 | comments(0) | - |
浅間嶺古甲州街道トレラン

 

| weatherman | 20:45 | comments(0) | - |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Link

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode free counters